火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

知っておきたい!外壁 モルタルのメリット・デメリット

ご自宅の外壁の素材は、何の素材か気にしたことはありますか?知っていることで、劣化の目安を調べたり、メンテナンス方法など役に立つと思います。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がモルタルのメリット・デメリットのご説明をしております。(2021.8の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

モルタルのメリットとは

デザイン性
表面の仕上げを変えたり、色を変えたりと、さまざまなデザインを作り出すことができるのがモルタルです。いろいろな形に対応できるため、四角のように角があるものや丸でも三角など使う場所も選びません。継ぎ目がでないこともデザイン面では大きなメリットとなります。モルタルが得意とするのは他にも、立体的で滑らかな仕上げも出来ます。

 

施工性


職人さんがペースト状のモルタルを塗っていき、乾燥することで硬くなり耐久性が生まれていきます。コテという道具を使っていろいろな形をつくることができるのが、ペースト状の状態の時です。

モルタルをつくる材料は、セメント、水、砂、といたってシンプルな素材です。現場で、使いたい分量だけモルタルを直接つくることができるので施工性の高い素材です。

 

耐久性
モルタルのメリットは、耐久性に優れています。そのため外壁にも多く採用されていて、燃えにくい性質から耐火性能も高いです。また、モルタルから有毒ガスは発生しません。

 

モルタルのデメリットとは

ヒビ
モルタルを作るときに、水を混ぜ合わせていきますが、乾燥してからヒビが起こる可能性があるのがデメリットとなります。ヒビが入ってしまうと、その隙間から雨入り込んでしまう恐れが出てきます。その為、防水処理を施した下地を塗装するか、表面を防水できる塗装仕上げにする必要があります。

 

チョーキングが起こる
太陽の紫外線によって塗料の樹脂が劣化していくと、モルタル外壁の防水性が失われてしまいます。
この状態で、壁を触ると、手のひらにチョークの粉のようなものがつきます。(チョーキング)モルタル外壁(セメントが主成)は、防水性を失うと雨水を内部に侵入させてしまいます。外壁を触って、チョーキングが確認されたときは、外壁塗装が必要な時期と考え検討しましょう。

汚れやすい
モルタルは、表面の凸凹があるので、汚れが貯まりやすくなり、表面がマットな為、汚れが雨で流れにくくなります。汚れが気になって外壁の塗装リフォームをするケースもあります。

 

モルタルの外壁ってどういう素材なの?特徴を知ってリフォームに役立てよう!

外壁のことをもっと知りたい!モルタルの劣化ってどんなことが起こるの?

外壁にチョーキングが発生した時の補修とは?チョーキングで勧誘してくる悪徳業者が多い!

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ