火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

埼玉県民共済:新型火災共済の火災などによる自然災害などで適用される補償内容

何気ない日常、しかし少しでも油断があるとなにか起こってしまっても不思議ではありません。そんな時の為に、保険にご加入している方は多いです。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が埼玉県民共済の新型火災共済についてご紹介しております。(2020.05の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

新型火災共済の特徴

住宅や家財をお手頃な掛金で保障。
②修復あるいは買い替えできる価額で保障。
③風水雪害や地震等にはお見舞金。
④スピーディーなお支払いを目指しています。
⑤期末の剰余金は「割戻金」でお戻しします。
大切な我が家を一瞬で失ってしまうのが火災。お手頃な掛金で住宅や家財の火災、落雷等多くの損害に幅広く保障が受けられています。保障(火災等共済金)は焼失した住宅や家財を修復または新しく購入できる価額を基準にしています。

保障(火災等共済金)の対象
・火災
・消防破壊・消防冠水
・破裂・爆発
・車両の衝突
・落雷

共済金のお支払い事例
下記お支払い事例は、お支払いの一例であり、損害の程度やご加入額・内容等により異なります。
◯火災全焼
タバコの火の不始末で出火した隣の家からのもらい火で全焼してしまった。
お支払い共済金住宅 2,100万円 + 家財 1,200万円に、ご加入の場合
保障額(3,300万円)と臨時費用(200万円)合わせて3,500万円
臨時費用共済金は、ご加入の住宅または家財の火災等に伴う、生活上の臨時の支出に充てるために要する額として、1回の共済金の支払事由につき200万円を限度に、その火災共済等共済金の20%の額を臨時費用共済金としてお支払いしています。

◯火災部分焼
ブレーカーから出火。玄関の天井や壁などの一部分を焼き、消防冠水により床が水びたしとなった。
お支払い共済金住宅 2,000万円に、ご加入の場合
住宅の修復費用として、損害査定額(300万円)と臨時費用(60万円)合わせて360万円
臨時費用共済金は、ご加入の住宅または家財の火災等に伴う、生活上の臨時の支出に充てるために要する額として、1回の共済金の支払事由につき200万円を限度に、その火災共済等共済金の20%の額を臨時費用共済金としてお支払いしています。

詳しくは
出典:埼玉県民共済の新型火災共済 ホームページ

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ