火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

外壁にチョーキング!気になるチェック方法とチョーキングが起きた外壁の種類別で解説

チョーキングと呼ばれるものが外壁に!どんなところに発生するのか!?
そして気になるチェック方法とは!?

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が気になるチェック方法とチョーキングが起きた外壁を種類別で解説をしております。(2021.7の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

チョーキングのチェック方法

チョーキングの確認は外壁表面に触れるだけで簡単に確認する事が出来ます。
建物の方向や部位の環境によって、チョーキングの症状は、差があります。

チョーキングが起きやすい部分で確認を行う事が重要です。
例えば、

・お家の南面の日当たりが良い部分

・お家の西日が良く当たる部分

・お家の東側の部分 

紫外線、雨や風による劣化によって引き起こされているのがチョーキングです。必然的に太陽光が当たりにくい、風が当たりにくい、雨で濡れにくい場所では起こりづらくなりますので、主に紫外線の影響が大きい、日当たりの良い部分などは、チョーキングが特に起こりやすいということを知っておく必要があります。


外壁を手で触る、または布やティッシュなどで軽く擦った時に粉が付いてくる
このような状態なら、チョーキングが発生しています。

もし、薄っすらと付いてくる程度でしたら、そろそろ外壁塗装を検討する時期になっています。ベッタリと付いてくるようなら、塗膜の寿命が尽きかけていて、外壁材に雨水が染み込みやすく、防水性が落ちている状態です。

薄っすらと付いてくる程度

外壁の種類別のチョーキングの雰囲気や目安

モルタル外壁の場合
外壁を確認すると色が抜けたような褪色が発生していて、モルタル外壁に触れると手に白い粉状の物が付きます。
外壁の色が明らかに褪色が発生している場合は、塗膜の効果が失われていて、チョーキングの証拠となります。

 

窯業系サイディン外壁の場合
外壁自体からも色味が剥がれて無くなっていて、サイディングも触れると手に白い粉状の物が付着します。
粉状になって飛んでいくほど外壁の塗膜自体からの褪色が激しく発生し、モルタル外壁よりも外壁自体からの褪色が激しくなります。
触ってみて、激しく外壁塗膜の褪色が見られた場合は、メンテナンスが必要なチョーキングの発生となります。

 

アルミサイディング外壁の場合
白いカラーのサイディングが早くチョーキングが起きてしまう傾向があり、暗っぽい色合いになるにつれてチョーキングが起きにくい傾向があるのがアルミサイディングです。

触ってみると手にチョーキングが付着しますが、外壁自体の褪色は他の2つの外壁と比べるとあまり見受けられません。

色が濃い目の外壁塗膜の場合はその色に似合った粉状のチョーキングが発生する事がありますが白い粉状で発生する事が大半です。

黒の外壁塗膜の場合は黒だったり、茶色の外壁塗膜の場合は茶色など、白のチョーキングではない場合もあります。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ