火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

ご自宅の部屋を防音リフォーム!費用の目安と窓、床、壁でできる防音対策

ご自宅の一部を防音リフォームしたいと考えた時に費用はいくらかかるか知っておきたいですよね。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がお部屋を防音室にリフォームする時に知っておきたいできる場所と費用目安をご紹介しております。(2021.7の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

家で防音リフォームができる場所と費用目安

ご自宅の部屋を防音リフォームする際のポイントを解説します。気になるおおよその費用も見ていきましょう。

⬜︎窓の防音リフォーム
内窓の設置で防音効果を高める内窓・窓ガラスの設置で防音効果のある窓ガラスの設置が防音リフォームにはあります。

・内窓の設置で防音効果を高める内窓
既存の窓の内側に新しい窓を取り付けていくリフォームのことを防音効果を高める内窓となります。
音を吸収して防音効果が高まり、窓と窓の間に空気層ができます。より防音効果を高めるには、防音効果のある窓ガラスと組み合わせるのが良いでしょう。

・窓ガラスの設置で防音効果のある窓ガラス
”厚みが異なるガラスを2枚合わせにしたタイプ”と、”2枚のガラスの間に特殊なシートを挟んだタイプ”の2種類があるのが防音効果のある窓ガラスとなります。

窓の防音リフォームの費用は、内窓の設置が約715万円、窓ガラスが約510万円となっています。ですが、窓の大きさや種類によって費用が異なりますので、事前にリフォーム業者に確認しておく必要があります。

⬜︎床の防音リフォーム
防音効果のある遮音マット・床材・吸音性のある素材の使用など、主に3つの方法があるのが床の防音リフォームとなります。例えば、子供がはしゃいでいても、下の階に音が響く心配はないぐらい、どれも音を吸収する効果があります。

床の防音リフォームの費用は、約2580万円となっています。どのようなリフォーム方法が良いのかは家によって変わってきます。ご自宅に合った防音リフォームするために、事前に業者の方へ相談しましょう。

⬜︎壁の防音リフォーム
壁のリフォームを想像する方が多いのが防音リフォームというイメージがあります。壁の防音リフォームには、遮音シートと吸音材を使った方法があります。防音効果を高めるために、壁の中に吸音材と遮音シートを入れることで効果を発揮します。

壁の防音リフォームの費用は、壁のリフォームで約2070万円となっています。ですが、使用する素材やリフォーム範囲によって費用が異なります。業者に相談してみましょう。

⬜︎防音室を作る・設置
防音室を作るリフォームをすると大きな音で音楽を聞きたい!お部屋で楽器の演奏がしたい!思いっきり歌いたい!などご近所に気にせずに使うことが出来ます。これまで説明した、部分的に防音効果のある素材を使うのではなく、1つのお部屋をまるごと防音室になります。

防音ボックスを設置するリフォームもあり、お部屋を防音リフォームしなくても出来ます。
最大で約4畳の個室スペースとなり、防音ボックスは組み立て式になっています。

防音室を作る場合は、費用は約200800万円、防音ボックスを設置する費用は約60250万円となっています。防音室と防音ボックスの設置では費用に大きな差があります。目的や予算に合わせ、リフォーム業者に相談し、リフォームを行いましょう。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ