火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

床を畳からフローリングに失敗したくないリフォーム!プロに頼む?それともDIY?知りたいメリットデメリット

ここ数年でご自宅をDIYする方が増えています。例えば、床の張り替え。畳からフローリングに変えたいと思っていても費用のことを考えてDIYするか、プロに任せるか考えた時に知っておきたいそれぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう!

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が床をリフォームDIYするかプロに任せるかメリットデメリットをご紹介しております。(2021.6の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)


DIY
するか、プロに任せるか考えた時に知っておきたいそれぞれのメリット、デメリット

●ご自身でDIYする場合のメリット、デメリット

メリット
床をDIYする最大のメリットは、費用が安いという点です。材料代だけで抑えられるので、金額を気にするかたにはぴったりです。
自分合わせて、イメージを変えられて、好きなタイミングで行えるのもメリットです。

デメリット
美しく仕上げるのは大変で、本格的な床材の張り替えは難易度がとても高いです。プロの施工の様な見た目にするのは、非常に難しいのがデメリットです。部屋の大きさを採寸して、1枚ずつ正確に張っていく必要があるので、部屋の大きさを採寸します。どうしても仕上がりが悪くなってしまいます。

ご自身で行うとこういうトラブルがあります。
・床がすぐはがれてきてしまった!
原因は、下地にホコリがたまっていたためです。
・歩くとギシギシしたりキシム音が聞こえる
原因は、下地が傷んでいたことに気づかずに貼り付けてしまっているせいです。
このような問題がご自身が行なって起こる場合があり、結局、業者に依頼して直してもらったなどの例も少なくありません。

ご自身で行うと時間がかかってしまうデメリットがあります。
慣れてないため、ゆがみなく固定していく作業や床の大きさを正確に採寸する作業は、時間が大変かかってしまいます。

張り替えしている間は、その部屋は、使えなくなり、また毎日は作業に入れないと思うので完了するまで時間が大変かかります。
作業工程は簡単ではありません。
くぎで1枚ずつ固定したり、壁際に床材を合わせるように調整する作業は、想像した以上に大変です。

作業するのが床なので、しゃがんだり膝をついたり体を痛めてしまう方も少なくありません。
ご自身で作業しても、途中であきらめて業者に依頼するケースも多いようです。

◯リフォーム業者にする場合のメリット、デメリット

デメリット
ご自身でDIYに比べると価格が高くなる

メリット
プロの業者に頼むと完成度が高いです。
熟練した技術が必要になるのがフローリングの張替えです。施工に慣れた専門業者に依頼すると大変細かい作業であるため確実に完成度が高くなります。素人とプロの業者では仕上がりに大きな違いは、特に、部屋の隅やフローリングのカット面で分かります。

下地が傷んでいないか確認がすることができます。
フローリングを張替える際に、下地がどうなっているか確認しなくてはいけません。ご自身でやるとどういう状態なのか判断がつかないことが多く、傷んでいるのにそのまま新しいフローリングを張ってしまうケースもあり、張り替えた意味がなくなってしまいいます。プロの業者だと下地の傷みによって、その傷みに合った方法で対応できます。

計画的に進めるので時間がかかりません。
時間がかからないというのがリフォーム業者に頼む大きなメリットになります。
ご自身でDIYしてる場合は、いつできるかわからない状態ですがプロの業者だと数日もしくはi日で終わらしてしまうところもあります。早く張り替えたいと考えている方は、リフォーム業者に依頼するのが一番いいです。

アフタケアがある業者だと安心です。
施工後に何かトラブルが発生しても、アフターサービスが充実している業者であれば安心できます。フローリング張替えは、トラブルが起こりやすいリフォームになるためよく確認してリフォーム会社を選ぶことをおすすめします。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

 

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ