火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

フローリング、畳をリフォームしたい!事前に知っておくと参考になるフローリングのメリットデメリット

畳からフローリングに変えたいと考えていませんか?!
フローリングのメリットデメリットを知ることはとても大事です。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がフローリング、畳をリフォームする前に知っておきたいメリットデメリットをご紹介しております。(2021.5の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

リフォームする前に知っておきたい!フローリングのメリットデメリット

近年は、全部屋フローリングにする家が増えています。置きたい家具が外国風のものが多いのでそれに会う床材ということで人気があります。

フローリングのメリット

◯掃除がしやすく管理がしやすい
フローリングは掃除がしやすく清潔さを保ちやすい大きいメリットがあります。ホコリや汚れが入り込むような、凹凸が畳にはありますが、フローリングは、ホコリや汚れが入り込むことがないため表面のホコリやチリを集めて、掃除機で表面のホコリやチリを集めるだけで、きれいな状態を簡単に保つことが可能です。

ダニが発生しづらく、飲み物や食べ物をこぼしてしまったときにも染み込む前に拭き取ることができるためとても簡単です。

◯メンテナンスの必要がほとんどない
畳は定期的に裏返しや表替えを行い、調などのメンテナンスが必要となります。しかし、フローリングは摩耗に強く、材質が劣化する心配はそれほどないです。メンテナンスの必要性が低い点も、大きなメリットです。
フローリングに使われる木材には、いろいろな種類があります。単層フローリング※の構造のうえで天然の木を加工したもの、

複層フローリングの薄くスライスした木を張り合わせたものの2種類に分けられています。

単層フローリング
定期的にワックス塗るなどの一手間が必要です。天然の木が持つ独特の質感や美しさが魅力である一方ですが注意が必要です。

 

フローリングのデメリット

足が冷える
断熱性能の高い畳と比べると、冬場は足元が冷えやすいデメリットがあります。また、基本的に硬く、材質によって多少の差はありますが、クッション性がないため、歩いていて足が疲れやすいといったこともあります。素足で過ごせるような気温だと畳では素足で過ごせますが、フローリングでは防寒対策が必要でスリッパやルームシューズが必須となります。
杉材のフローリングは、踏み心地が柔らかいので他の木材と比べて足が疲れにくいです。


木が膨張する
フローリングの素材にもよりますが、湿度変化によって木が収縮するため、膨張し反ったり、踏むときしんだりすることもあります。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ