火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

壁に黒カビが発生で考えたいリフォームの種類

他の記事でカビの発生する原理や自分でできる対策を紹介してきました。こちらの記事では、カビの発生でどんなリフォームができるのか見ていきましょう!

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が壁にカビ発生したら、どんなリフォームができるか!の内容をご紹介しております。(2021.5の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

カビ発生でどんなリフォームができるか見てみよう

 

防カビ効果のある壁紙
湿気対策に最適な通気性壁紙、吸放湿壁紙、珪藻土壁紙などがあります。クローゼット・押入れなどの収納スペースにおすすめです。
吸放湿壁紙は、親水性高分子ポリマーという紙おむつにも使用されているもので湿気を吸収します。一定の湿度を保つことで静電気の発生を防ぎ、衣類にホコリが付きにくくなるメリットもあります。
通気性壁紙は、湿気が壁を通して排出され、透湿性が高いです。
珪藻土とは、無数の細孔を持ち調湿効果があり、藻の一種である珪藻の化石が海底などで堆石したものです。

 

防カビ効果のある建材
壁紙以外にも、調湿効果のある壁材があり、住宅設備産業協会・日本建材によって定められた基準を満たした建材があります。それには「調湿建材」として認定マークを表示することができます。

主な認定調湿建材
・モイス(アイカテック建材)
・やさしい壁(宇部興産建材)
・エコカラット(LIXIL)
・さらりあ~とセレクトタッチ(大建工業)

 

断熱リフォーム
防カビ効果や調湿性能を持つ機能性建材への取替えと同じタイミングで、家の壁や床、天井の断熱リフォームをすることも、結露や湿気対策に有効的な方法です。

 

壁の断熱リフォーム
木造住宅の場合で家の外側からすっぽりと断熱材で覆う「外張り断熱工法」というものがあり、家の構造材の間に断熱材を充填する「充填断熱工法」というものもあります。

 

床下換気扇(換気システム)
床下換気扇(換気システム)を設置することで、押入れや畳、洗面脱衣所などカビ・湿気を解決できるケースがあります。
お風呂に浴室乾燥機を設置することで、室内に干した洗濯物からの湿気が原因で、カビや結露を抑えられます。
浴室乾燥機の増設は、お風呂のカビ対策として、とても有効的です。

 

内窓設置
窓の結露対策として、内窓を設置して二重窓にするリフォームもあります。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ