火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

トタン屋根修理の種類や手順のご説明

トタン屋根のお修理は、どういう仕方があるのでしょうか?!見ていきましょう!

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がトタン屋根のお修理についての内容をご紹介しております。(2021.4の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

トタン屋根のお修理

トタン屋根のお修理は、いくつかありますが、代表的なのは、カバー工法”と”葺き替え”があります。

カバー工法
カバー工法とは、屋根のカバー工法は既存の屋根はそのままの状態で上から新しく屋根材をかぶせる工法になります。

メリット
・葺き替えよりも、短い期間で行えます。
・工事費を安く抑えることが可能です。

デメリット
・元にある屋根の上から、かぶせるかたちになるので、重さが二重になってしまう。
・費用は抑えられますが、元の屋根が雨漏りなどで傷んでしまったら、結局”葺き替え”が必要になってしまう為、返って割高になってしまう。
・元にある屋根が傷んでいたら、カバー工法はできない。

主なカバー工法手順
・サビを除去していきます。錆止めを塗る準備をしていきます。
・今後抑えていきたい錆びの発生を抑えるために、一度塗装していきます。
・タイトフレームを設置
・アスファルトルーフィングを敷いき、ガルバニウム鋼板をならべていきます。
・棟の板金を設置する前にエプロン面戸を設置していきます。横降りの雨などでも雨水が侵入しないようにするためです。
・棟の重ね部分にはコーキングを入れていきます。雨が万が一入っても漏れないようにします。
・ケラバ部分もカバーしていきます。

 

葺き替え
全面的に屋根をリフォームすることを葺き替えといいます。
トタン屋根の傷みが激しい場合、下地が傷んでる場合は、葺き替えしかできません。

メリット
・屋根の傷んだ原因を根本から解決することが出来ます。
・素材によって、屋根が軽くなります。
・葺き替えすることによって、今までとは違う素材にかえることができる。

デメリット
・費用が高くなる。(古い屋根材の撤去や野地板工事が必要なため)
・廃材が出てしまう。
・カバー工法に比べ、期間が長くなってしまう。

主な葺き替え手順
・トタン屋根を解体
・棟板金を取り外します。
・頼りない木の繊維をプレスして固めた素材の上に構造用合板を全面に増し貼りしていきます。
・防水紙を敷きます。
・軒先に水切り金具を取り付けをしていきます。
・板金を固定
・桟の間に屋根材となるガルバリウム鋼板を取り付けていきます。
・棟板金を取り付けをしていきます。

トタン屋根の状態により、手順は異なります。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ