火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

トタン屋根を塗装するときに知っておきたいポイント

トタン屋根のサビ放っておいてるなんてことございませんか!?

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がトタン屋根についてのご説明をしております。(2021.4の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

トタン屋根

戸建てのトタン屋根というと一般的に”瓦棒屋根”を指すことがほとんどです。
瓦棒葺屋根は、全体的に金属屋根の構造となっています。あらゆる形の屋根に対応することができます。つなぎ目が少ないため雨漏りに強く、施工方法が比較的シンプルなので工事しやすいです。他には、”波板トタン”と呼ばれるものもあります。よく目にするのは、古い倉庫や工場などで使われていることが多いです。

トタン屋根の形状(葺き方)
・瓦棒葺きトタン屋根
・立平葺き(縦ハゼ葺き)トタン屋根
・折板トタン屋根
・波板トタン屋根

 

メリット
・日本瓦と比べると重量が1/10以下
・施工が容易で、比較的安価・地震などの揺れに強く、非常に軽量
・角度が緩い屋根に使用することができる

デメリット
・雨漏りに強いが、軒の部分はどうしても隙間が生じやすい部分のため、瓦棒が雨水を吸収してしまうおそれがある。
・外部からの熱が通りやすいため、室内が熱くなってしまう事がある。
・遮音性が低く雨音が大きく聞こえる。
・一度サビが発生すると広がりやすく、穴があく事もある。
・軽量のため台風や強風の影響を受けやすい。

 

トタン屋根やっかいなサビ
トタンのサビをそのまま放置してしまうと大変なことになります。
塗装が剥がれるとサビの発生に繋がりそれによる穴あき。これは、塗膜の下の亜鉛メッキが腐食してサビ始めます。トタン屋根の鋼板の厚みは、0.35mm程度なので、腐食が進むと穴が開きます。

トタン屋根のメンテナンスのポイント
トタン屋根の塗装を定期的に行う
定期的に塗装することで、耐用年数を伸ばすことができます。色あせや、サビなどが見られたら、すぐに対処が必要です。

サビが発生してしまっていたら、サビを落とし塗装する
サビは、放っておくとそこから広がるので、まずはサビを落としてから、サビ止めをし塗装しましょう。

 

リフォーム会社に依頼する

屋根に登って、ご自身でDIYと考える方もいますが、屋根はとても危険です。プロに任せることによって、何か他の問題があったとしても安心して任せることが出来ます。
リフォーム会社なら、安心、安全に作業をすすめてくれます。自分で対応するのではなく、リフォーム会社に依頼し塗装や張り替えを施工してもらいましょう。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ