火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

洗面所リフォームしたい!洗面化粧台の種類はどんなのがあるの?

洗面所は、トイレと同様で毎日使う水回りの場所です。長年使っていると、洗面台が劣化してきてしまったり、水しぶきが飛びやすい所の壁紙は、カビが発生してしまったり、古くなってくると様々な所が気になってきてしまいます。
洗面所のリフォームを考えているかたは、ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が洗面所リフォーム 洗面化粧台の種類をご紹介しております。(2021.10の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

洗面化粧台の種類

洗面化粧台といっても意外と色んな種類があります。よく見るタイプから、おしゃれなものまでご自身のライフスタイルにあった洗面化粧台を見つけましょう。

 

⬜︎ ユニットタイプ


ユニットタイプは、主流のもので洗面化粧台のなかでも最も多くの人に選ばれやすいタイプです。
ユニットタイプは、既成品で、鏡や収納部分、洗面ボウル、照明が一体型となっています。
キャビネットタイプや据え置き型などとも呼ばれています。

デザインはもちろんサイズのバリエーションも豊富なので、ニーズに合ったものが見つかります。

このタイプの一番の魅力は、洗面化粧台の形になっているため、設置場所が決まれば工事が簡単に終わります。
ご予算もお手頃な価格帯で商品が選べるので、工事費を合わせて予算に合ったものがきっと見つかるはずです。

 

⬜︎システムタイプ
システムタイプは、組み合わせが自在にできます。
好みに合わせて水栓、鏡、扉、金具、収納部分などが選ぶことができるのがシステムタイプです。

組み合わせが自在に出来るので、自分らしいオリジナル感を満載にだすことが出来ます。

例えば、洗面室に隣接する浴室とカラーを合わせてみたり、壁紙や洗面台の色やインテリアの統一など、こだわりたい人におすすめなのがシステムタイプです。

洗面所が広い場合なら、二人並んで鏡を使える長めのカウンターを設置したり、狭い空間であればそれに合わせてコーディネートを楽しむことが出来ます。洗面所の広い・狭いという悩みも解決してくれます。

費用面では、ユニットタイプと比べると価格は高めになってしまいます。しかし、満足度は高いものになはずでしょう。

⬜︎造作洗面台

 

すべてオリジナルのタイプが造作洗面台です。
鏡や洗面ボウルが一体化されている既成品ではない、造作洗面台も今では注目されています。

例えばこんなオリジナルが作れます。
・高さを作ることが出来るので、自分の身長に合わせたり
・シンプルに収納は作らずカウンターと洗面ボウルのみ壁付するタイプ
・アンティークなヨーロッパ風にしてみる
・輸入素材で好きなパーツで作り上げる        など

既成品では得られない自分らしい洗面台を作ることが出来ます。
オシャレな空間にしたいなら、造作洗面台がおすすめです。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ