火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

もう寒い部屋から卒業したい!床暖房にリフォームってできるの?!

太陽光が入る時間が短くすぐ日陰になってしまうお部屋だと冬はとにかく寒いです。エアコンやストーブ、家でも厚着するなど対策はあります。もし、床が床暖房ならもっと快適に冬が越せるかもしれません。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が床暖房にリフォームできるの?床暖房についてご紹介しております。(2021.12の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

床暖房のリフォームってできるの?

戸建てやマンションどちらでも床暖房は可能なのでしょうか?
初めから、床暖房が付いているお家もありますが、まずきになるのがリフォームできるかですよね。

基本的に床暖房は、
・木造の戸建て
・マンション(鉄筋コンクリート)
でも増設が可能です。
住宅の種類に問わずに、例えば、1階か2階かに関わらず、床暖房リフォームは可能となります。

 

床暖房の種類とは

種類は主に2つのタイプがあり、”電気ヒーター式”   ”温水式”です。

”電気ヒーター式”
温水式に比べると初期費用が安なりますが、光熱費が高くなりやすいです。なので、脱衣所やキッチンなどの一時的に使いたい場合に適しております。

  ”温水式”
温水式は、設置費がやや高額になります。しかし、光熱費を抑えられるため、広い面積の場所で、例えばリビングやダイニングなど長時間使う場合に向いているでしょう。

 

施工方法とは

施工方法は、こちらの二種類があります。
直張り・・・既存の床材の上から施工する方法
全面張替え・・・床材を剥がして床下に設置して、再び床材を張り直す方法


直張り
直張りでの施工は、既存の床材の上から、パネル式のヒーターが内蔵された床暖房を付ける工事です。リフォーム費用は安く抑えられます。しかし、今までの床の上に施工するので、一段高く床暖房の部分だけなるので、床に段差が出来てしまいます。最終的には設置前よりも、床の高さが1.21.8cm前後高くなってしまいます。よく通る場所に施工すると段差でつまずいて転倒してしまうこともあるので、足腰の悪いお年寄りがいる家庭では、段差をなくす工事が追加で必要になるケースが多いのでご注意ください。

 

床全面張替え
既存の床材を剥がして床下に床暖房を敷設するリフォーム方法が床全面張替えです。
もし家全体のバリアフリーリー化をご検討されている場合は、床を剥がしてから下地から交換する全面張替えをオススメします。また、和室を洋室へリフォーム、フローリング・畳を張り替えたいなども、一度床を全て剥がした状態で床暖房を設置したほうが効率的となります。
こちらの方法は、床の解体、補修の工事費用が別途かかってしまうので、必ずリフォーム会社に確認して検討しましょう。
また床下に断熱材が入っていない場合、断熱工事を行い断熱性をアップさせることもあります。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ