火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

ストレート屋根とはどんな屋根材なのか?!知っておきたい特徴とは

人気のストレート屋根とは、どのような特徴なのでしょうか。
屋根の工事に使われる屋根材の一種がスレート屋根です。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がストレート屋根の特徴をご紹介しております。(2022.4の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

ストレート屋根とはどういう屋根なのでしょうか?!

粘板岩を板状に加工した薄くて軽い屋根材のことをスレートと呼びます。
主にセメントで作られた化粧スレートと、天然石で作られたこちらの2種類があります。
コロニアルやカラーベストなど商品名で呼ばれることもあります。

天然石で作られた屋根よりも化粧スレートで作られた屋根の方が安価で扱いやすいです。なので最近では、スレートと呼ぶものは化粧スレートのことを指すことがほとんどです。

天然石スレートは天然石を加工して作られています。そのため、見栄えが良く高級感を出せますが、その反面、価格が高く一般の住宅であまり使用されないことが多いです。

●ストレート屋根(化粧スレート)は人気
化粧スレートは価格が安く、そして軽量な屋根材になります。デザイン性も高く、セメントで作られている化粧スレートは安価で、国内で一般的な家屋で主流の屋根材として使用されています。

また、施工もしやすい屋根材なので、業者を選ばずにできるので、施工費用も抑えることが可能になり、工事を依頼しやすいです。スレート自体の単価も安価で、住宅の費用を抑えたいと考えている方のはピッタリの屋根材になります。

ストレートの屋根材の種類とは

ストレートの屋根材の種類には、
・化粧スレート
・天然スレート
2種類があります。
それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

・化粧スレート
セメントを主原料としたスレートのことを化粧スレートを指します。セメントでできた屋根材の表面に塗装を施してあります。
多くの住宅で使用されていて、安価で軽量、デザイン性も高い屋根材になります。
化粧スレートは、カラーバリエーションが豊富で他には、平板・波型など形も選ぶことが可能です。
現在は、スレートと言えば”化粧スレート”のことを指すことがほとんどです。

気をつけたいのが、2004年以前に製造された化粧スレートの中には、アスベストという人体に有害な物質が含まれていることがあるので注意が必要です。

・天然スレート
天然石を利用して作られたスレート材のことを天然スレートとよびます。
天然石を使用しているので価格が高くなかなか一般的な住宅にはあまり使用されていません。
天然石スレートは、見た目が美しく見栄えが良く、天然石の優雅さを活かした屋根材です。主に高級な住宅、建造物を建てる際に使用されることが多くなっています。価格が高く塗装もできず、施工しにくいので住宅への普及率は低い状態です。

 

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ