火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

在宅ワークができるスペースをリノベーションしたい!知っておきたいポイントとは

またいつ在宅ワークになるかわからない現状で、ご自宅のワークスペースを作りたいと考えている方が増えています。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が在宅ワークできるようにリノベーションしたい!ワークスペースを作るポイントをご紹介しております。(2021.12の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

ご自宅にワークスペースを作るポイントとは

家が広いなら、ワークスペースを作るには難しくありませんが、ほとんどの方が限られたスペースで快適に在宅ワークをする場所をどうやって作るかとても悩みます。こちらでは、必要なスペースの目安や問題なく仕事が進められる工夫などについて紹介しています。さっそくみてみましょう!

 

23畳程度の場所の確保
在宅スペースを作るには、大掛かりなリノベーションが必要なの?!と思いますが、仕事部屋を確保するためには、人にもよりますが、そこまでする必要はありません。落ち着いてできる広さなどは、人それぞれありますが、23畳程度のスペースが確保できれば十分快適なワークスペースを用意できるでしょう。

 

◯作業しやすいデスクとチェア
家で使っているダイニングテーブルとチェア、もしくはソファとローテーブルなどは、長時間のパソコン作業に向いていないことが多い可能性が高いです。テーブルとチェアの高さが合ってないものを長時間使ったら腰を痛めたなど体の不調にも繋がってしまうのでご自分にあったものを選びましょう。

 

照明
作業するのに照明が暗いと仕事がはかどりません。照明は重要になります。住宅の照明はオフィスと比べると暗いのが一般的となっています。仕事をするには蛍光灯などの昼白色を選ぶのがおすすめです。明るさによって、目の疲れの予防にも繋がるので、リノベーションする際は、オフィス環境のような照明設備を整えられるのが良いでしょう。

 

防音性も必要
在宅でテレワークをする際は特に周りの声や生活音が入らないように気を使ってしまうので、リノベーションするなら壁を吸音効果のある壁材を検討してみてはいかがでしょうか。「防音材」を壁の内側に施工するとより防音性が高まります。

 

◯テレワーク の背景にも注意
テレワーク するとどうしても背景が気になってしまいます。背景だけアプリで変えたりすることも出来ますが、どうせリノベーションするなら見られてもいい背景になるようにしましょう。

 

◯収納場所
仕事の書類や資料などが増えても困らないように収納スペースを確保しましょう。よく使う文房具などスッキリ収納しておけるような棚があると非常に便利です。また仕事関係のものはすべて同じスペースにまとめて置けると仕事もスムーズにすすみます。

 

電源の確保
デスク回りには、PCやモニター、スマートフォンの充電のほか、オーディオ機器やプリンターなどさまざまな機器を使用する場合があります。なので電源が欠かせません。延長コードなしで使える範囲に電源があると非常に便利。コンセントを増やすには専門業者のリフォームが必要です。

 

いかがでしたか?ご自分にあった快適なワークスペース、ノベーションする際は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ