火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

トイレの床をリフォームする際に知っておきたい!どんな床がお勧めなの!?

トイレの床を新しくリフォームしたい時にどんな素材がいいか気になりますよね。お部屋に使うような床でいいのか?それとも特殊な床なの?こちらでは、トイレに適した床をご紹介しております。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がトイレの床リフォームどんな素材がいいの?をご紹介しております。(2021.9の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

トイレの床は、どんなのがいいの?

トイレに使用されるのは耐水性のある床材が向いています。耐水性という点では浴室や洗面所、キッチンなどと基本は同じ考え方ができますが、トイレは、汚れの種類や使用頻度が他とは異なります。アンモニアや洗剤、芳香剤などに耐用できるものが望ましいです。

トイレの床を選びの際のポイント

⬜︎掃除しやすい

使っていれば分かるように、トイレの床はとても汚れやすく、こまめに掃除しなければならない場所です。なので、掃除のしやすさは一番の重要ポイントになります。
トイレの床は、できるだけフラットな素材がお勧めです。
目地があると、目地のすきまに汚れが入り込んでしまい、掃除の手間がかかってしまいます。
抗菌効果のある床材を選べばいつもきれいなトイレを保てなおよくなります。

 

⬜︎洗剤に強い
水やアンモニアが飛び散りやすいのがトイレの床です。
しっかり汚れを落とすためには、耐水性だけではなく洗剤にも強い素材がベストです。
洗剤を使ったら、床のコーティングがはがれてしまったなんてことにならないために、水漏れや洗剤に強い素材かどうかも確認していきましょう。

 

⬜︎防臭効果
トイレは臭いが気になってしまう場所でもあるので、防臭効果のある床材を選ぶのがおすすめです。アンモニアと雑菌で、トイレの臭いの主な原因となっています。
尿がしみ込みにくい、光触媒で菌の繁殖をおさえる、アンモニア臭を分解してくれるなどの床材
がおすすめです。

 

⬜︎耐久性の高い素材
家の中でもとくに過酷な環境にさらされているのがトイレの床です。
なので、耐久性の高い素材であることも大切になっていきます。
コーティングされたトイレ用の床材も出ているので、傷みにくいものを選ぶといいでしょう。

 

⬜︎自分がしたいイメージに合っているか
トイレの床材を変えると今までの雰囲気がガラッと変わります。
壁と床が全然合ってなかったなんてことがないように全体の雰囲気やバランスを考えて選びましょう。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ