火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

トイレをバリアフリーに!知っておきたい必要性とは

トイレのバリアフリーリフォームって、どのような工事ができるのか気になる方は多いかもしれません。バリアフリーリフォームの意味とは、障壁を取り除き生活することをいいます。
トイレは特に、介護が必要な方や高齢の方でも使いやすい空間にすることが求められています。トイレのバリアフリーリフォームすることの必要性やポイントをおさえておきましょう。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がトイレのバリアフリーリフォームの必要性などをご紹介しております。(2021.11の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

バリアフリーリフォームって何?
生活する上で障壁を取り除くことをバリアフリーといいます。バリアフリーリフォームと聞いてイメージするのは、手すりを設置したり段差を解消したりすることなのかな?と思うかもしれませんが、それだけではありません。
介護が必要な方や高齢の方などトイレを使用する家族の状態を基準として考えながら、リフォーム内容を決めていくのが重要です。
いまは、身体に障害のある方や介護が必要な方や高齢の方がご家族にいらっしゃらないとしても、将来を考えて、年齢を重ねていくことでバリアフリーが必要になる事もあります。また、お子様がいらっしゃる場合でも段差や床で滑っての転倒が起こることも考えられ危険です。バリアフリーリフォームを考えている方は、早めに検討してみるものオススメです。

 

トイレ バリアフリーリフォームの必要性ってどうなの?

安全性の確保
一番にあげられるのは、トイレリフォームの必要性としてが安全性の確保になります。
トイレを使用するときは、立ち座りの動作があるためによろけて転倒などのリスクがあります。力んだりするので、危険が伴う場合もあり、家の中での事故が起こりやすい場所にもあげられます。トイレはご存知の通り、他の部屋よりも狭い空間のため、万が一転倒してしまったときに助けにくい状態になる可能性も考えられます。

車椅子を利用している人はもちろん、そうではない方でも広い空間にすることで安全性を確保できるメリットがあります。

 

ストレスを軽減
トイレの出入りや立ち座りが年齢や身体の状態によっては、難しくなってしまうこともあります。もし、体が具合が悪くなっても、トイレのために起き上ったり歩いたりすることは、老化による症状を防止するともいわれています。なので、できるだけご自身でトイレに行けるような空間を作っていくのがトイレのバリアフリー リフォームです。

本人にとってはもちろん、介助をする家族にとってものストレス軽減が必要です。バリアフリーリフォームをすることによって、負担が軽減されていきます。
トイレは家族みんなが一日に何度も使用する場所になりますので、快適な生活を作るためには、家族の年齢や変化に合わせて、使いやすいトイレにリフォームしていくことが重要です。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ