火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

ソニー損保:新ネット火災保険の”破損・汚損等”で適用される保険

日常生活で建物や家財をうっかり壊してしまったなんてことはありませんか?

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がソニー損保:新ネット火災保険の破損・汚損内容をご紹介しております。(2021.3の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

破損・汚損損害等補償特約

ポイント
・自由に選べる補償です。
・日常生活で建物や家財をうっかり壊してしまった場合に備えられます。
・損害保険金をお支払いする場合に、免責金額を超えた部分の損害に対してお支払いしています。
基本補償で補償する事故以外で保険の対象となる建物、家財のそれぞれに発生する不測かつ突発的な事故によって発生した損害に対して保険金をお支払いしています。※1
なお、お支払いする保険金は保険金額を限度に損害額から免責金額(自己負担額)※2を差し引いた額となります。 3
1家財の補償は、基本補償に家財が含まれている場合のみ付帯されます。
2基本補償で設定した免責金額と同額。なお、基本補償の免責金額が0円の場合は3万円となります。
3建物については、損害額が再調達価額(修理したり、再取得するために必要な額)の80%以上の場合、免責金額は差し引かれません。

建物の補償例
家の机を運んでいる際に壁に机をぶつけて、壁を破損させてしまった!

家財の補償例
子どもが室内でおもちゃを投げ、テレビの液晶部分が割れてしまった!
保険始期日が20201231日以前のご契約は対象となりません。
補償できない場合など、さらに詳細な内容については重要事項説明書をご確認ください。

出典:ソニー損保 重要事項説明書(20211月以降始期用)

 

「建物」と「家財」について

「建物」の範囲について
火災保険では、被保険者が所有している「住居にのみ使用される建物」と、その建物に付属する門や塀などを保険の対象としています。

一戸建ての場合
・被保険者が所有している住居にのみ使用される建物を指します
・土地は含まれません
・門や塀、車庫やカーポート・付属建物などは含まれます

マンションの場合
・一戸建てと同様、被保険者が所有している住居にのみ使用される建物(専有部分)を指します
・廊下やバルコニーなど共用部分は含まれないことが多いです
・共用部分はマンションの管理組合が保険に加入していることが多いです
ソニー損保の新ネット火災保険は、店舗などとの併用住宅や、賃貸物件にお住まいの方はお申込みいただけません。

「建物」の対象となる具体例
・畳や備えつけの収納などの建具
・建物に直接備え付けた電気やガス、冷房・暖房等の設備
・建物に直接備え付けた浴槽や流し、ガス台、調理台
・門、塀もしくは垣または物置、車庫やカーポートなどその他の付属建物

 

「家財」の範囲について
保険の対象となる建物の中にある、被保険者または被保険者と生計を共にする親族が所有する家財が保険の対象です。

一戸建て マンション
・「建物」内に収容される家財一式を「家財」と呼んでいます
・一戸建てもマンションも同様で、家具や家電、衣服など日常生活に使う動産が含まれます
・家財の買替えには想像以上に費用がかかることがあるので注意が必要です
・例えば、世帯主が42歳で、配偶者と子ども2人と暮らしている場合、目安の保険金額は1,430万円にもなります

「家財」の対象となる具体例
・家具、家電製品
・家庭用の食器、日用品
・絵画、骨董品、貴金属(※)
・自転車、125cc以下の原動機付自転車
ソニー損保の新ネット火災保険では、高額貴金属等の損害の額が1個または1組について30万円を超える場合、損害の額を30万円とみなします。

 

詳しい内容は、
出典:ソニー損保:新ネット火災保険ホームページをご確認下さい。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ