火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

ソニー損保:火災保険の水災などによる自然災害などで適用される補償内容

年々、水災の被害が増えています。数日間で、半年分の雨が降ってしまったり、雨による土砂崩れなどニュースで取り上げられています。ご自宅が雨で浸水したり、木の柱が雨により濡れて弱ってしまったり、いつ、被害に合うか分かりません。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がソニー損保:火災保険の水災内容をご紹介しております。(2021.2の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

はじめにソニー損保の特徴をご紹介いたします。 
充実の補償内容
「ダイレクト型の保険は補償が薄いのでは……」。そんな心配はありませんか?
ソニー損保の新ネット火災保険は、充実した補償を取りそろえています。

火災はもちろん、自然災害や盗難もカバー
ソニー損保の新ネット火災保険では、火災による損害はもちろん、台風や豪雨などの自然災害(※)、盗難なども補償します。「火災、落雷、破裂・爆発」以外の補償は必要に応じて自由に組合せられます。
地震は基本補償の対象外です。地震保険を別途ご用意しております

・火災、落雷、破裂・爆発
・風災、雹(ひょう)災、雪災
水災
・水濡れ、外部からの物体の衝突など
・盗難

地震やご近所への類焼に備える特約も
火災や自然災害などの基本の補償のほか、地震被害に備える「地震保険」もセット可能。
また、自宅からの出火によるご近所への類焼を補償する特約や、日常生活の賠償責任を補償する特約など、心配なリスクをしっかりカバーする特約もご用意しています。

 

水災

自由に選べる補償です。
床上もしくは地盤面より45cmを超える浸水など、支払対象となる損害には条件があります。
河川の氾濫や高潮だけでなく、ゲリラ豪雨の損害にも備えられます。

水災とは
台風や暴風雨などが原因で起こる洪水・高潮・土砂崩れなどにより、建物や家財に再調達価格の30%以上の損害が生じたとき、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水となった結果、損害が生じたときに、保険金をお支払いしています。

建物の補償例
台風で川が氾濫し、床上浸水が起きて床と壁紙の張り替えが必要になった!
自宅裏の山が土砂崩れを起こして家屋が半壊した!

家財の補償例
高潮で床上浸水が起き、家電が壊れた!
洪水で家具が使えなくなった!

 

こんな場合も補償
ゲリラ豪雨で床上浸水した
洪水や高潮などの時だけでなく、大雨の際も水災のリスクは高まります。
低地など水がたまりやすい地形の場合、川や海が近くになくてもご検討ください。

 

Q&A
Q.
水災
台風・暴風雨・豪雨・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石などの水災が原因で、建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いしています。
A.
お支払いの対象となる損害について
次のいずれかの損害が生じた場合にお支払いの対象になります。
 保険の対象に再調達価格※1の30%以上の損害が生じた
 床上浸水が生じた※2
 地盤面(床面が地盤面より下にある場合はその床面)より45cmを超える浸水によって損害が生じた
1同等の建物を建て直す、または再購入するのに必要な金額のことをいいます。
2居住の用に供する部分の床(畳敷または板張等のものをいい、土間、たたきの類を除く)を超える浸水をいいます。

 

詳しい内容は、
出典:ソニー損保ホームページをご確認下さい。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ