火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

蕨市:既存建築物補助制度②〈耐震改修〉

最近は、鉄筋コンクリートの家や鉄骨などで家を建てる方がいますが、日本では、湿気の時期や乾燥している時期など四季折々のためそれにあった木造住宅にお住みの方が大変多いです。
しかし、その建物が、昭和56531日以前に着工した家では、今の耐震基準に満たない可能性が高いです。
蕨市では、既存木造建築物〈耐震改修〉補助制度があります。どういう内容なのでしょうか。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が蕨市:既存建築物補助制度②〈耐震改修〉内容をご紹介しております。(2021.1の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

蕨市:既存建築物補助制度②〈耐震改修〉

市では、地震災害による木造住宅の倒壊等の被害を防ぐため、木造住宅の所有者に対して、建築物の耐震改修費用の一部を補助しています。

補助の対象となる耐震改修
建築士の耐震診断(財団法人日本建築防災協会による「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づく一般診断法又は精密診断法による耐震診断)による安全性の総合評価が1.0未満の建築物について、当該総合評価が1.0以上になるように建築士が耐震改修の設計を行ったもの

対象となる建築物
次の項目のすべてに当てはまる住宅
・建築確認を取得し、昭和56531日以前に着工された市内の木造住宅
・地階を除く2階建て以下の建物
・建築士の耐震診断による安全性の総合評価が1.0未満であり、倒壊の危険性があると判断されたもの
・建築基準法等に適合している建物

補助金の額
耐震改修に要した費用に100分の23.0(千円未満切捨て)を乗じた額で、30万円を限度とします。
耐震改修工事を完了し、期日までに実績報告書を提出していただくことが条件となっています。
詳しくは建築課までお問い合わせください。

補助対象者
補助の対象となる建築物の所有者

申し込み方法
・耐震改修補助金交付申請書(様式第1号)*下記よりダウンロードできます。
・登記事項証明書等、建築物の所有者及び建築年次が確認できるもの
・建築士による耐震診断の結果報告書
・建築士による耐震改修計画書等、耐震改修の内容が判るもの
・耐震改修工事の見積書

 

詳しい内容は、
出典:蕨市ホームページ”既存木造建築物〈耐震改修〉補助制度”をご確認下さい。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ