火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

CO-OP共済のCO-OP火災共済+自然災害共済の水災等による自然災害などで適用される補償内容

毎年、台風や洪水など自然災害で住宅が被害にあう事が多くなっています。その為、保険にご加入している方は多いです。もし、何かあった時、申請の仕方などスムーズに出来るか心配ですよね。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がCO-OP共済のCO-OP火災共済+自然災害共済の水災の内容をご紹介しております。(2020.04の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

自然災害共済の保障内容

火災共済に自然災害共済をプラスするとさらに安心。火災、台風や竜巻、地震から盗難まで幅広く保障します。
住宅・家財ごとに火災共済と同口数で加入ができます。
自然災害共済は、単独ではご加入いただけません。火災共済に追加してご加入ください。
自然災害共済の標準タイプと大型タイプはどちらか一方にしかご加入いただけません。
加入内容により保障額が異なります。

風水害などのときの保障(風水害等共済金)
突風・旋風
暴風雨
豪雨・長雨
降雪
台風
洪水
雪崩
降ひょう
高波・高潮

風水害等共済金
大型タイプ 最高保障額 4,200万円
標準タイプ 最高保障額 3,000万円

火災共済の水害等共済金
次の場合に、風水害等共済金をお支払いしています。
①損壊(床上および床下への浸水による損壊を除く)による損害額が10万円を超える場合、床上浸水を被った場合にお支払いしています。損害額は再取得価額で算出し、損害程度(支払いランク)を認定します。
②住宅・家財いずれかのみの契約の場合、住宅・家財両方に契約している場合の支払限度額の半額となります。
1回の災害で一部壊以上の損壊と床上浸水が同時に発生した場合、共済金のいずれか大きい方をお支払いします。
④風水害等による損壊にあった後、修理を行わないうちに別の風水害等による損壊にあった場合は、これらを一括して1回の事故とみなします。
⑤物置・納屋・車庫などの付属建物、門・塀・垣根・カーポートなどの付属工作物の損害は含まれません。(風水害等共済金)
⑥住宅の欠陥および老朽化による「雨もり」と、台風などで吹き込んだ雨による「雨もり」は支払いの対象外です。
⑦風水害等には、地震・津波・噴火による被害は含みません。

自然災害共済の風水害等共済金
次の場合に、風水害等共済金をお支払いします。
①上記【火災共済の風水害等共済金】の①、③~⑥
②風水害等共済金の額は、火災共済および自然災害共済より支払われる共済金を合わせて、損害の額を限度とします。なお、風水害等共済金の合計額が損害の額を超える場合は、火災共済の共済金を優先してお支払いしています。
③一部壊とは住宅または家財それぞれに損害額が10万円を超えた損壊をいいます。また損害額は住宅・家財ごとに認定します。なお、半壊以上の損害の程度は住宅の損害にもとづき認定します。

用語の解説
・損壊とは、壊れ、破れ、亀裂、傷、傾斜、変形およびずれをいいます。
・床上浸水とは、居室の用に供する部分の床面(畳敷または板張等のものをいい、土間、たたきの類を除きます)を超える浸水または地盤面(床面が地盤面より下にある場合はその床面をいいます)から45cmを超える浸水により、日常生活を営むことができない場合で、床面以上に土砂が流入した場合を含みます。

出典:CO-OP火災共済+自然災害共済 ホームページ

出典:CO-OP火災共済+自然災害共済(ご注意)

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・内装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ