火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

茨城県民共済:新型火災共済の風災等による自然災害などで適用される補償内容

ここ最近、風が強い日が増えています。風による被害は、増えていて、トタン屋根が飛ばされてしまったり、風で飛んできた物で窓ガラスが割れてしまったりと被害はさまざまです。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が茨城県民共済:新型火災共済の風災内容をご紹介しております。(2021.3の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

新型火災共済の特長
・手頃な掛金
火災はもちろん消防破壊・消防冠水、落雷被害、車両の衝突等、手頃な掛金で、火災以外の保障も充実しています。

・再取得価額
損害を被った住宅や家財は修復、新築、新品購入できる価額をご加入額の範囲内でお支払いします。

・地震の保障
全壊・半壊にはご加入額の5%20万円を超える住宅の一部破損については一律5万円(ご加入額100万円以上の場合)をお支払いしています。

・見舞共済金等
臨時費用、焼死等、持ち出し家財、失火見舞費用、借家修復、漏水見舞費用、風水雪害などの見舞共済金等も充実しています。

・スピーディーなお支払い
火災等、万一の場合に必要となる共済金等のお支払いを迅速に対応できるよう努めています。

・割戻金
県民共済は営利を目的としていません。効率経営に努め、決算後剰余金が生じたときは、「割戻金」としてお戻ししています。

風水雪害等の場合

お支払いの対象となる事由
床上浸水・風水害による10万を超える損害を被った場合は見舞共済金の対象となります。
暴風雨
旋風・突風
台風
高潮・高波
洪水
なが雨・豪雨
雪崩
降雪
降ひょう

風水害等見舞共済金

最高600万円まで
床上浸水・風水雪害による10万円を超える損害を被ったときにお支払いしています。
「風水害等」の保障基準は当組合の定めによります。
1回の風水害等による当該共済金の支払事由の発生がこの会の総支払限度額(202041日現在、風水害等は850億円、この限度額は変更されることがあります。)を超えるときなどは、見舞共済金を削減してお支払いしています。

風災事例
台風により自宅の瓦が飛んでしまった。など

 

詳しい内容は、
出典:茨城県民共済:新型火災共済ホームページをご確認下さい。

 

知っておきたい保障のこと
自然災害リスク
わが家が被る災害リスクを見極める方法は?
地震や風水害などの災害は、私たちの暮らしの基盤をも奪う、恐ろしいものです。
ただ、住んでいる場所、そして建物の状況によって、どのような災害をどの程度受けやすいかは大きく変わってきます。ですから、わが家ではどのような災害に遭うリスクがあるのか、現状を把握することがまずは大切。その第一歩が、「ハザードマップ」の確認です。
ハザードマップとは、風水害や地震など自然災害の被害範囲・程度を予測し、それを地図で表したものです。「洪水」「高潮」「土砂災害」「内水」「津波」「火山」などのハザードマップから、地域の実情に応じたものが市区町村によって作成されています。
災害後には避難が遅れると命にかかわることが少なくありません。そこで、避難経路や避難場所などの防災情報、避難時の心得なども掲載されていることも。
洪水ハザードマップでは、前提とする一定の豪雨が降った場合に、どこにどの程度の浸水被害が起こるかが示され、浸水レベルもカラーで表示されます。
ハザードマップの多くは、市区町村役場のホームページで確認できますが、掲載がない場合は直接、市区町村役場の防災担当課へ問い合わせてみましょう。
各種の自然災害は、めったに起きるわけではありません。ただ、一旦起きれば、家計そして精神的にも多大なダメージを及ぼすことがあります。ですから、災害に遭わないような住まい選び、そして万が一の被害も最小限の損害で済むような保障(補償)選びも含めて、事前に対策を打っておくことがとても大切です。

出典:茨城県民共済”知っておきたい保障のこと”

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ