火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

損保ジャパン日本興亜:THE家財の保険の風災等による自然災害などで適用される補償内容

春は、風が強く吹く日が増えます。それに伴って、風による被害も多く見られてきます。では、賃貸では、火災保険で風災は、補償されるのでしょうか?!

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が損保ジャパン日本興亜:賃貸住宅入居者専用火災保険のTHE家財の保険の風災内容をご紹介しております。(2021.4の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

賃貸住宅入居者専用火災保険 THE家財の保険

賃貸住宅の家財一式を対象とした火災保険です。ご自身の家財の損害はもちろん、大家さんへの賠償責任が発生した場合にも、充実した補償です。

特長① ご自身の家財の補償から大家さんへの賠償も補償します!
お客さまの生活環境やライフプランにあわせて、幅広い補償からぴったりのプランが選択できます。
すべての契約に大家さんへの賠償責任補償がセット!修理費用の補償も追加できます。

特長② 同居人の方の家財も補償しています!
ご本人やそのご家族の方の家財はもちろん、たとえばルームシェアをしている同居人*の方の家財も1つの契約であわせて補償しています。
保険証券記載の被保険者と同居する方をいい、賃貸借契約上の借主または同居人の方にかぎります。

特長③ 復旧に付随して発生する費用もしっかり補償!

 

損害保険金
火災をはじめとするさまざまなリスクから、日常のトラブルまで、幅広く補償しています。
ご契約いただく内容により、補償の有無が異なります。

プランが、ベーシック(I型)、ベーシック(II型),スリムの3プランあります。
風災、ひょう災、雪災は、どのプランでも含まれています。

・台風で窓ガラスが割れ、家財が損害を受けた。などが保障されています。

 

自己負担額とは?
損害の額のうち、お客さまが負担する額を「自己負担額」といいます。
保険金をお支払いする事故が発生した場合に、損害を受けた金額のうちお客さまが自己負担するものとして設定する金額を「自己負担額」といいます。自己負担額を設定することで、保険料を抑えることが可能です。

選べる自己負担額
損害の額のうち、お客さまが負担する額を「自己負担額」といいます。自己負担額を設定することで、保険料を抑えることが可能です。

 

詳しい内容は、
出典:損保ジャパン日本興亜 THE家財の保険ホームページをご確認下さい。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ