火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

三郷市:太陽光発電システム等導入促進事業補助金

地球温暖化問題に世界でも関心が寄せられています。実際に太陽光発電システムを屋根に設置して、家で使用する電気をまかなったりする家庭が増えています。三郷市では、太陽光発電システム等導入促進事業補助金制度があります。どのような内容なのでしょうか?

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が三郷市:太陽光発電システム等導入促進事業補助金内容をご紹介しております。(2020.12の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

三郷市 太陽光発電システム等導入促進事業補助金

概要
▶︎制度概要
市では、地球温暖化問題の対策として、市内の個人住宅(新築・既存)の所有者が太陽光発電システム等を導入する場合、補助金を交付いたしています。
 
申請は1人1回です。過去に補助金を受けた場合(蓄電システムを除く)は申請できません
  設置前の設備が補助対象となります。 設備の関連工事が開始されていないこと、支払いが済んでいないことを含みます

▶︎補助対象設備
 ①太陽光発電システム(JET認定相当で公称最大出力10kw未満)
 ②家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(通称「エネファーム」)
 ③潜熱回収型給湯器(通称「エコジョーズ」「エコフィール」)
 ④CO冷媒ヒートポンプ給湯器(通称「エコキュート」)
 ⑤LED照明器具(灯具を含む合計5万円以上のLED照明器具)
 ⑥蓄電システム(ZEHの補助金対象機器)

▶︎補助金額
①について既存住宅1kwあたり2万5千円/新築住宅1kwあたり1万円
 ※既存住宅 上限8万円/新築住宅 上限3万円
②について4万円
③~⑤について1万円
⑥について5万円
  
複数の設備を同時に申請した場合の補助上限は12万円

▶︎補助対象
市内に自ら居住し所有する既存・新築住宅

▶︎提出期間
令和2年4月1日から令和3年1月末頃
※令和3年3月16日(火)に実績報告が完了できる ことが前提
※予算枠(800万円)に達した時点で受付終了

申請の流れ
申請方法
市所定の様式に必要事項を記載し資料添付の上、窓口に提出してください。
申請時、実績報告時ともに添付書類が多くありますので、必ずご確認ください。

注意 申請は1人1回とします。過去に補助金を受けた場合(蓄電システムを除く)は申請できません。複数の設備を申請する場合は、同時に申請してください。
注意 すでに設置済みの設備は補助対象外です。(設置前申請となります)
注意 代理申請の場合、必ず委任状を持参ください。
注意 提出時に書類が揃っていない場合、受付いたしません。
注意 設置工事は交付決定後に開始してください。
注意 兼用住宅の場合、居住部分が総床面積の1/2以上であること。
重要 申請時の設置前とは、設備関連工事が開始されていないこと、支払いが済んでいないことも含みます

●手続きの流れ
〈交付申請〉
申請者または委任された代理申請者による申請
 ↓
〈交付決定〉
申請内容に不備等ない場合、郵送にて決定通知いたします。
 ↓
〈工事開始〉
交付決定後に着工となります。
 ↓
〈実績報告〉
工事終了後
30日以内又は316日(土日の場合、前の金曜日)いずれか早い日まで。
 ↓
〈交付確定〉
実績報告に不備等ない場合、補助金を指定口座へ振込いたします。

 

詳しい内容は、
出典:三郷市ホームページ”三郷市太陽光発電システム等導入促進事業補助金”をご確認下さい。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ