火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

こくみん共済(住まいる共済)の水災などによる自然災害などで適用される補償内容

火災保険は火災以外の自然災害(台風、洪水、突風、雪、落雷など)にも適用されるって事、ご存知でしたか?
※ご加入の契約内容によっては適用されない場合もあります

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がこくみん共済(住まいる共済)の水災補償内容をご紹介しております。(2020.04の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

住まいる共済の仕組み

「住まいる共済」は、火災共済と自然災害共済を合わせた呼び名です。
火災・風水害・地震など、さまざまなリスクから「住宅」と「家財」を守る保障です。

火災共済主に火災や風災害(豪雨・長雨、台風、洪水等)などが補償対象で、
自然災害共済に加入すると風水害などの保障が、より手厚くなりそうです。
・自然災害共済のみのご加入はできません。  
 

お支払い対象となる支払い事由

・突風、旋風
・台風、暴風雨等
・洪水、高波、高潮
・降雪、雪崩等

お支払い額
”火災共済”でのお支払い
契約期間中に、上記「支払い事由」の発生により共済の目的に損害が生じた場合、下表のとおり火災等共済金をお支払いしています。

風水害等共済金
被害の程度    損害の程度    加入保障額10万円あたりの共済金/支払い限度額
全壊・流失住宅の損壊率70%以上→30,000/300万円
半壊住宅の損壊率20%以上70%未満→15,000/150万円
一部壊住宅の損害額・100万円を超える→4,000/40万円
           ・50万円を超え100万円以下→2,000/20万円
                                  ・20万円を超え50万円以下→1,000/10万円
                                  ・10万円を超え20万円以下→500/5万円
床上浸水全床面50%以上・150cm以上→15,000/150万円
                                   ・100150cm未満→10,000/100万円
                                        ・70100cm未満→7,000/70万円
                                        ・4070cm未満→5,000/50万円
                                        ・40cm未満→3,000/30万円
床上浸水→50%未満・100cm以上→3,000/30万円
                                ・100cm未満→1,000/10万円
                                      ➕
                    臨時費用共済金の15%
一部壊とは住宅の損害額が10万円を超えた損壊をいいます。なお、半壊以上の損害割合は住宅の損害にもとづき認定します。
臨時費用とは、「風水害等のとき」による罹災後の臨時の支出に充てる費用としてお支払いするものです。
損害額は再取得価額で算出し、損害の程度(支払いランク)を認定します。

詳しくは、ホームページでご確認ください。

出典:こくみん共済 住まいる共済 ホームページ

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・内装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ