火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

ソニー損保:新ネット火災保険の雪災等による自然災害などで適用される補償内容

雪の重みで屋根が変形したり、落雪でカーポートの天井が壊れたなど雪による建物の被害があります。万が一のために、保険にご加入している方はとても多いです。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業がソニー損保:新ネット火災保険の雪災内容をご紹介しております。(2021.3の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

まずは、火災保険はどういうものなのでしょうか?!

みていきましょう!!

火災保険とは
火災保険に入ることでどんなリスクに備えられるのでしょうか。
火災保険でカバーできる事故とその補償内容について解説します。

火災以外の損害も補償可能
火災保険は、その名の通り、住まいが火災の被害に遭った際の損害を補償する保険です。多くの場合、火災に加えて「落雷」「破裂・爆発」による損害も補償されています。

また、保険の種類によっては、火災の他に風災、雪災、水災、盗難による損害なども補償の対象になります。名前こそ「火災保険」ですが、「住まいの損害に備える保険」という意味合いが強い保険と言えます。

建物だけでなく家具なども補償
火災保険は、住まい(建物)と、住まいの中にある家具や日用品など(家財)の損害を補償するための保険です。これらの「建物」や「家財」といった補償の対象になるものを、火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険は、この「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっています。例えば、「建物」だけに保険をかけた場合、火災で家が燃えてしまったときは「建物」の損害分しか保険金を受取れません。

家具や日用品などの「家財」の損害について補償を受けるためには、「家財」も「保険の対象」に設定して火災保険をお申込みいただく必要があります。

 

ソニー損保 新ネット火災保険

雪災、雹(ひょう)災、風災
・雪の重みや雹(ひょう)で建物が破損した場合も補償しています。
・自由に選べる補償です。
・風に吹かれて飛んできた物による損害も補償しています。

 

雪災、雹(ひょう)災、風災とは

台風などの風災、雹(ひょう)災、または豪雪などの雪災で建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いしています。

♢建物の補償例(雪災)
・雪の重みでカーポートがつぶれた(自動車は補償の対象外です)

♢家財の補償例(雪災)
雹(ひょう)で窓ガラスが割れ、風が吹き込んで家具が破損した

大雪で雨どいが壊れた
建物に付属した雨どいなどの設備も、「建物」の補償対象となります。
雨どいが壊れた、窓ガラスが割れた、などの小さな損害でも、修繕に必要な保険金をお支払いします。※
修繕費用が設定した免責金額内の場合は自己負担になります

 

詳しい内容は、
出典:ソニー損保:新ネット火災保険ホームページをご確認下さい。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ