火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

共栄火災:安心あっとホームの雪災等による自然災害などで適用される補償内容

温暖化といわれていますが、気温が高く暑いだけではなく、冬の温度も平年より高くなってきています。それ以外にも温暖化の影響で、数日で通常の何倍もの雪が降ってご自宅の屋根に被害があったり、外壁が倒れてしまったり、そんな被害も少なくありません。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が共栄火災:安心あっとホーム(個人用火災総合保険)の雪災内容をご紹介しております。(2021.3の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

安心あっとホーム

戸建プラン(雪災)
プランが1型、2型、3型、4型あり、
風災リスク(風災・ひょう災・雪災)は、1型、2型、3型、4型で保障されています。

マンションプラン(雪災)
プランが1型、2型、3型、4型、5型、6型あり、
風災リスク(風災・ひょう災・雪災)は、1型、2型、3型、4型、5型、6型で保障されています。

◯安心あっとホーム 選べる自己負担額
「安心あっとホーム」では、保険金額を限度に損害の額から自己負担額を差し引いた額を全額お支払いすることで、従来の火災保険にあったお支払のわかりにくさを解消しました。

自己負担額とは
損害の額ー自己負担額=損害保険金
上記の補償に対する損害は、上記の算式によって損害保険金をお支払いしています。ただし、保険金額が限度となります。※全焼等により建物を復旧できない場合等は自己負担額を差し引きません。

 

損害保険金の補償内容(雪災)

風災(洪水、高潮等を除きます。)、ひょう災または雪災(融雪水の漏入もしくは凍結、融雪洪水または除雪作業による事故を除きます。)によって保険の対象が損害を受けた場合

1 :風、雨、雪、ひょうまたは砂塵その他これらに類するものの吹き込みによって生じた損害については、建物の外側の部分(外壁、屋根、開口部等をいいます。)が風災、ひょう災または雪災によって破損し、その破損部分から建物の内部に吹き込むことによって生じた損害にかぎります。

2:雪災の事故による損害が1回の積雪期において複数生じた場合であって、おのおの別の事故によって生じたことが確認を行ってもなお明らかでないときは、これらの損害は、1回の事故により生じたものと推定します。

 

事例(風災・ひょう災・雪災)
・台風により住宅のフェンスが倒壊した。
・竜巻の影響で、建物の屋根・外壁のほか外灯や配管などの屋外設備に損害が発生した。

他にも強風や突風による窓ガラスやシャッターの損害や、ひょうによる屋根瓦の損害などのリスクがあります。

 

よくあるご質問
Q.突然の大雪で車庫の屋根が壊れた場合、「安心あっとホーム(個人用火災総合保険)」で補償されますか?
A.建物を保険の対象とし、かつ車庫を含めてご契約されている場合は風・ひょう・雪災の補償の対象となります。
 損害の額が自己負担額以下の場合は、保険金のお支払い対象となりませんのでご注意ください。

Q.雹(ひょう)で建物の屋根が壊れた場合、「安心あっとホーム(個人用火災総合保険)」で補償されていますか?
A.建物を保険の対象として契約されている場合は風・ひょう・雪災の補償の対象となります。
 損害の額が自己負担額以下の場合は、保険金のお支払い対象となりませんので、ご注意ください。

 

詳しい内容は、
出典:共栄火災ホームページ

出典:共栄火災 すまいの保険 パンフレット

をご確認下さい。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ