火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

共済・保険の種類

埼玉県川口市:太陽光発電システム支援金

最近では、一般のお家でも太陽光発電システムを見かけるようになりました。
新築建てるのに、太陽光システムを設置したいとお考えの方、もしかしたら、市から支援金が出るかもしれません。
この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が川口市:太陽光発電システムの内容をご紹介しております。(2020.11の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

川口市 太陽光発電システム

■支援金の交付対象となる活動
市内の住宅に太陽光発電システムを設置、または同システムが設置された新築の住宅を購入し、電力会社と電力受給契約を締結のうえ、同システムを継続して使用する活動(増設は対象外)

■交付要件 同等以上の性能、品質が確認されている
・原則として申請者自らが住宅を所有し、かつ居住していること。
・電力会社と余剰売電方式の電力受給契約を締結していること。
・設置した太陽光パネルが一般社団法人電気安全環境研究所の太陽電池モジュール認証を受けたもの、又は同等以上の性能、品質が確認されているものであること。
・太陽光パネルの定格出力の合計が1kW以上
・システムの引渡日が令和231日から令和3228日までの間であること。

■支援金額(市内業者を活用した場合、支援金額が多くなります)
・市内業者を活用した場合 1システム上限 200,000
・市内業者以外による設置の場合 1システム上限 80,000
また、公称最大出力の合計が6キロワット以上の設置の場合、1キロワットあたり 上限額を20,000円増額(増額上限 100,000円)

■市内業者の活用による支援金増額について
地域産業の活性化、地域経済の振興をはかるため、対象システムの設置(購入)に際し、市内業者を活用した場合、支援金額を増額しています。
◯市内業者とは
川口市内に本店登記を有する法人、又は市内に住所を有し、かつ事業所を有する個人事業主
◯市内業者の活用とは
対象システムの設置(購入)について、市内業者とシステム設置等の契約を締結し、かつ申請者と当該業者との間で、費用の支払い及び領収書の発行が行われること

■申請受付期間
令和257日(木曜日)から令和3312日(金曜日)(必着)
先着順。予算が無くなり次第申請受付終了となります。

 

詳しい内容は、
出典:川口市ホームページ”太陽光発電システム申請について”をご覧ください。
出典:川口市ホームページ”令和2年度 川口市地球温暖化対策活動支援金総合案内”をご覧ください。

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

助成金

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ