火災保険、地震保険の屋根・壁リフォーム修理なら足立区の大三工業

BLOG

戸建てのキッチンリフォーム!知っておきたいキッチンの種類とそれぞれの特徴とは

キッチンをリフォームしたいとお考えの方は、どんなキッチンな種類があるか知っておきたいですよね。またそれぞれのキッチンの特徴もご紹介しております。

この記事では、お客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意な足立区の大三工業が戸建てのキッチンリフォームする際のキッチンの種類と特徴をご紹介しております。(2021.11の記事になりますので詳しくはお問い合わせ下さい)

 

キッチンの種類と特徴

キッチンの種類には大きく分けて4種類があります。

・対面型

・壁付け型

・アイランド型

・独立型

それぞれレイアウトはもちろんかかる費用にも差があり、メリット・デメリットも異なっていきます。

キッチンを選ぶ際は、キッチンを使う方がどのような動きが楽なのかなどを確認することが必要で、どのようなキッチンが使いやすいかは使う方によって変わってきます。
さっそく、キッチンの種類と特徴を見ていきましょう。

 

対面キッチン
ダイニングやリビングなどの居住スペースに向けて設置してあるキッチンのことを対面キッチンとよびます。コミュニケーションを取りやすいのが特徴で、キッチンから居住スペースが見渡すことができます。

戸建ての場合だと、キッチンのスペースを広くとることができ、壁の配置もある程度自由にできるので、対面キッチンは、マンションよりも戸建ての方がリフォームしやすい傾向にあります。

画像3

 

壁付けキッチン
壁側に接してキッチンを設置するのが壁付けキッチンの特徴です。
昔から幅広く使われているキッチン形態なので、お住いのキッチンが壁付けの人も多いかもしれません。

もっともスタンダードなタイプなので、既存の壁付けキッチンから新しい壁付けキッチンにした場合には、価格も比較的安価にリフォームすることが可能となります。

画像P

 

アイランドキッチン
島のようにキッチンが壁に接することなくどの方向からでも出入りできるのがところがアイランドキッチンの特徴です。
憧れのアイランドキッチンと言われていますが、インテリアのようにおしゃれなデザインが多いところも人気があります。

しかし、アイランドキッチンに設置できる換気扇の種類が少なく、これは壁に接していないからです。なので、他のキッチンより価格が高額になる傾向にあります。

画像C

 

独立キッチン
壁に囲まれた部屋の中にキッチンがあり、他の部屋からはキッチンが見えないようになっているのが独立キッチンです。
レイアウトを好きなように決められるのが独立キッチンの最大の特徴となります。

人目を気にせずに動けて、自分の動きやすいようにレイアウトを決めることができます。また、調理中の煙やにおいなどが居住スペースに充満するのを防ぐことが出来るのでにおいを気にされる方にはもってこいのキッチン形態です。

 

足立区大三工業株式会社はお客様の負担を軽くする損保・共済請求・助成金申請サポートによる格安工事が得意です。(戸建・マンション)
屋根の修理・吹き替え工事・防水工事・外壁塗装・屋根塗装・装工事・水廻り工事他までお住いの事は全てお任せ!

カテゴリ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ